巣を作り始める前に対策しよう|ハチ退治の専門サービス

安全を保つ取り組みに

鼠

ペットを守るということ

ゴキブリが害虫の代表とすれば、ネズミは害獣の代表といえます。そのため、市販されている駆除グッズは非常に多く、様々な対策が選択できて便利といえるでしょう。効果的なネズミ駆除の例としては、かじった痕跡が分かるエサタイプやワナを設置する捕獲タイプです。エサタイプの場合はペットが口にしてしまう可能性があり、捕獲タイプはハムスターのような小動物用のサイズとなっています。ネズミ駆除グッズは基本的に殺傷を目的として設計されているため、使用方法をしっかりと把握してから利用すると良いでしょう。駆除グッズに関連する事故は飼い主の配慮で十分に避けられますので、ペットの行動を想定して設置すると安心です。ネズミの数が多い場合や手が届かない場合は、ネズミ駆除を取り扱う業者への依頼も安全で便利です。

行動パターンの把握

ネズミのような害獣の多くは深夜に行動を開始し、営巣を行ってエサ場や水場を往復します。つまり、ある程度の行動パターンが決まっているということですので、その習性を利用して駆除につなげます。ネズミ駆除の場合は、壁の中と部屋を出入りする穴や通り道を確認することがポイントです。外にある獣道のようなものですので、その途中にエサやワナを仕かけることがネズミ駆除の効率を高めます。また、ネズミが動き回っているのは単なる徘徊ではなく、エサを探すというたったひとつの目的です。台所の三角コーナーに生ゴミがむき出しになっていればエサ場と化し、床に野菜の切れ端が落ちていればネズミの巡回コースとなってしまいます。そういった細かい点から改善し、そのうえでネズミ駆除を行うとより高い効果が得られることでしょう。